黒岩知事、三浦市長、京急社長、リビエラ会長ら出席

小網代の森オープン記念式典が開催

7月19日、
「小網代の森施設完成式典」が行われました。

黒岩祐治神奈川県知事、
吉田英男三浦市長、
原田一之京浜急行社長、
渡邊曻リビエラリゾート会長らと共に、
小網代の森の保全を担ってきた
私たちNPO小網代野外活動調整会議の岸由二代表理事が
テープカットを行い、
その後の懇親会で小網代の保全30年の歴史のお話をいたしました。

保全活動を始めたのが1980年代半ば。
30年かけて
保全を確定し、誰もが利用できる近郊緑地として
整備をしていただき
ようやくオープンにこぎつけました。

森を上から下まで歩いていただいた
黒岩知事には
「尾瀬にも負けないすごい自然です、神奈川の宝だ」
と力説いただき、
原田京急社長には
「三浦半島はあのミシュランのグリーンミシュランの二つ星を
 得た観光地ですが、小網代はその核になる」
と、エコツーリズムの可能性を語っていただきました。

小網代の自然を三浦半島の活性化につなげたい。

NPOでは、小網代の自然の維持を今後も担うと同時に、
さまざまな魅力的な有償の観察会などを、
かながわトラストみどり財団や企業と連携して
進めていくつもりです。

ちなみに懇親会では
歌手の白井貴子さんが、三浦の幼稚園児たちと
「マッカチカニカニ音頭」をはじめ、
元気な歌を出席した皆様に御聴かせいただきました。

明日、20日からはいよいよ一般オープンです。

小網代のさらなる応援、よろしくお願いいたします




会場には、カラスアゲハが飛んでいました。
日本での有数の美麗な蝶。
ササで覆われていたエリアを伐採したら
幼虫の餌となるカラスザンショウの
若木が育ち、このアゲハがものすごく増えました。

詳細はこちら
 

サポーター企業・団体

 
京急油壺マリンパーク

出版物のご案内 

 『奇跡の自然』
小網代の保全の歴史がわかる本です!
『「流域地図」の作り方』
小網代の保全のベースとなる「流域思考」が理解できる本です!
『環境を知るとはどういうことか』
養老孟司さんと岸代表が、小網代保全の話などをベースに環境問題を語ります!
小網代はカニの楽園!数十種類のカニを美しいイラストで紹介!
小網代野外活動調整会議TEL:045-540-8320
 
トップページ このページのトップへ 
 Copyright (C) NPO法人小網代野外活動調整会議