2014年7月20日、いよいよ小網代の森が一般開放されました。

NPO小網代野外活動調整会議では、
これまで森の保全や維持に協力くださった諸団体の方々と、
開放記念のイベントとボランティアウォークを行いました。
小網代の森と干潟を守る会、
横浜自然観察の森の会、
慶応大日吉丸の会、
鶴見川流域ネットワーキング、
鶴見川源流ネット
かながわトラストみどり財団の
代表やメンバーを中心に126人が参加くださいました。

各会の代表からご挨拶をいただいたのち
NPOの岸由二代表理事から
小網代の保全30年の歴史について
講演がありました。

昨日に引き続き、本日も
雨が心配されましたが、
むしろ午後からは晴れ上がり、
最高のスタートを切ることができました。

大人数でのボランティア活動は
エノキテラス回りの
セイタカアワダチソウの除去。
120人の大人数が功を奏して
短時間でたくさんの除去ができました。

ご参加いただいたみなさま、どうもありがとうございました!




詳細はこちら
 

サポーター企業・団体

 
京急油壺マリンパーク

出版物のご案内 

 『奇跡の自然』
小網代の保全の歴史がわかる本です!
『「流域地図」の作り方』
小網代の保全のベースとなる「流域思考」が理解できる本です!
『環境を知るとはどういうことか』
養老孟司さんと岸代表が、小網代保全の話などをベースに環境問題を語ります!
小網代はカニの楽園!数十種類のカニを美しいイラストで紹介!
小網代野外活動調整会議TEL:045-540-8320
 
トップページ このページのトップへ 
 Copyright (C) NPO法人小網代野外活動調整会議